収容所から来た遺書

辺見じゅん 著

<バアル人々ヨ、必ズコノ遺書ヲ私の家庭ニ伝ヘ給ヘ…>敗戦から12年目に遺族が手にした6通の遺書。それらは厳しいソ連監視網をいかに潜り抜けたのか?極寒と飢餓と重労働の抑留生活に屈しなかった男の、したたかな知性と篤き友情を描いた感動のノンフィクション力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ウラル日本人俘虜
  • 2章 赤い寒波-マロース
  • 3章 アムール句会
  • 4章 祖国からの便り
  • 5章 シベリアの「海鳴り」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 収容所から来た遺書
著作者等 辺見 じゅん
書名ヨミ ラーゲリ カラ キタ イショ
出版元 文芸春秋
刊行年月 1989.6
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4163432701
NCID BN0391186X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想