ユーラシア野帳

加藤九祚 著

シベリアからモンゴル、中央アジア、中近東、ヨーロッパに至るユーラシア大陸の全域を旅して歩いた著者が、各地の興味ぶかい歴史や習俗などを、豊富な写真をまじえてわかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ユーラシア随想(トルコの魅力
  • ボスポラス海峡
  • 探検家の「略奪」と栄光
  • ユカギルの葬制
  • シベリア諸民族と客の歓待
  • グルジアとバスク
  • イブン・シーナ
  • 70歳にして惑う
  • 小説『残酷な世紀』
  • 日本人とシベリア女性
  • 不死の飲み物ソーマ
  • 遊牧民の力
  • 匈奴の通行証
  • 金冠の民族学
  • 考古学者の運命
  • ウイグル族
  • ジプシーの丘
  • 長寿国フンザ
  • ゾロアスター教
  • 遊牧民の十二支
  • ウオツカの効用
  • 裸足礼讃
  • 古代インド・イラン世界と黄金
  • 猟犬アブレックの死 ほか)
  • 第2部 ユーラシア旅行記(山地アルタイの旅
  • 山地アルタイでの日ソ合同考古学調査
  • 西シベリア発掘調査行
  • ヘロドトスの生地ボドルムの旅
  • カラコルム・ハイウェイ旅日記
  • マルコ・ポーロの旅
  • アムールとアルタイ-文化史的紀行メモ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーラシア野帳
著作者等 加藤 九祚
書名ヨミ ユーラシア ヤチョウ
出版元 恒文社
刊行年月 1989.9
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 4770406843
NCID BN03908956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想