日本人の愛と性

暉峻康隆 著

尽きることのない永遠のテーマ-愛と性。万葉の時代から現代まで実に多彩な愛が文学として残されているが、その愛の形は社会の制度や倫理とも深く関わっている。本書は日本の婚姻の変遷をたどりながら、さまざまな文学に描かれた恋慕や嫉妬、浮気や姦通など、面白くも哀しい愛と性の姿を軽妙な語り口で伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代前期の愛と性
  • 古代後期の愛と性
  • 封建時代前期(中世)の愛と性
  • 封建時代後期(近世)の愛と性
  • 半封建時代の愛と性
  • 現代の愛と性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の愛と性
著作者等 暉峻 康隆
書名ヨミ ニホンジン ノ アイ ト セイ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.10
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 4004300924
NCID BN03896788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90006413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想