大系仏教と日本人  8

宮田 登【編】

女と男、賎と貴との間に生じる支配と服従の関係を日本の仏教はどのように支えたか?日本文化研究にかかわる最高のスタッフが新たに挑戦する日本精神史の冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論-民俗宗教のなかの血縁観
  • 仏教における階級観と女性観
  • 賎視と救済
  • 遊女と非人・河原者
  • 王朝仏教における女人救済の論理-出産の修法と後生の教観
  • 観音信仰と母性崇拝
  • 熊野観心十界曼荼羅の宇宙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大系仏教と日本人
著作者等 定方 晟
宮田 登
横井 清
沼 義昭
網野 善彦
西口 順子
黒田 日出男
書名ヨミ タイケイ ブッキョウ ト ニホンジン
書名別名 性と身分 : 弱者・敗者の聖性と非運
巻冊次 8
出版元 春秋社
刊行年月 1989.9
ページ数 272p
大きさ 20cm
ISBN 439310708X
NCID BN03877488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90004599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想