新基礎生化学実験法  5 (高次構造・状態分析)

中嶋暉躬 ほか編

生化学の実験研究に係わる方々に必携の実用書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(高次構造の階層性
  • 動的構造
  • 分離分析技術
  • 構造解析
  • 状態分析)
  • 2 分子の形と大きさ(分子の大きさ
  • 平均分子量
  • 分子の形
  • 実験法の説明、理論的背景と実際の手順
  • 沈降平衡法
  • 固有粘度
  • ゲルクロマトグラフィー
  • 電気泳動
  • 流動複屈折・電気複屈折)
  • 3 電磁波を用いる状態解析(吸光
  • 蛍光、蛍光偏光
  • 赤外ラマン
  • 旋光分散、円二色性
  • ESR
  • NMR
  • X線解析
  • X線解析のための結晶化)
  • 4 超分子から組織・器官まで(生化学者のための光学顕微鏡
  • 電子顕微鏡
  • 非破壊的組織化学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新基礎生化学実験法
著作者等 中嶋 暉躬
三浦 謹一郎
村松 正実
松橋 通生
野本 明男
書名ヨミ シン キソ セイカガク ジッケンホウ
書名別名 高次構造・状態分析
巻冊次 5 (高次構造・状態分析)
出版元 丸善
刊行年月 1989.9
ページ数 350p
大きさ 22cm
ISBN 4621034057
NCID BN03875063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90004922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想