自然の哲学 : 自然の中の人間と人間の中の自然

メルロ=ポンティ 他著 ; 菊川忠夫 編訳

自然に関する近代的諸概念の配置図を現代にふさわしい形に改変していく作業が急務とされている。"自然概念"は人間存在の根底に係りながら歴史的に変遷を遂げてきたが、新しい創造の手がかりとはどのようにして可能か。本書は自然を存在の根源的位相として把え直してゆこうとするメルロ・ポンティ他二論文を収め、創造的自然-生きた歴史的生命の論理と新しい存在論を構築する価値ある示唆に満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハックスリ「進化と倫理」(抄訳)-自然誌的考察
  • コリングウッド「自然の哲学序説」(抄訳)
  • メルロ・ポンティ「自然の概念」(抄訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然の哲学 : 自然の中の人間と人間の中の自然
著作者等 Collingwood, R. G.
Huxley, Thomas Henry
Merleau-Ponty, Maurice
菊川 忠夫
コリングウッド R.G.
メルロ・ポンティ M.
ハックスリー T.H.
書名ヨミ シゼン ノ テツガク
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1989.9
版表示 〔新装版〕
ページ数 109p
大きさ 20cm
ISBN 4275013514
NCID BN03872247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90001293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
自然の哲学序説 R.G. コリングウッド
自然の概念 M.メルロ-ポンティ
進化と倫理 : 自然誌的考察 T.H. ハックスリ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想