戦争と占領 : あるポーランド家族の体験

松本照男 著

1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻、第二次大戦が始まった。あれから半世紀、市民たちをまきこんだ戦争の傷痕は今なお癒えない。ワルシャワ在住20余年の筆者が、第二次大戦下におけるあるポーランド家族の過酷な体験を克明にルポ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と占領 : あるポーランド家族の体験
著作者等 松本 照男
書名ヨミ センソウ ト センリョウ
シリーズ名 岩波ブックレット no.139
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.8
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000030795
NCID BN03870310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89059052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想