分子構造論

仁田勇 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 分子の概念 / 1
  • 第一節 素朴なる觀念としての分子 / 1
  • 第二節 化學的假説としての分子 / 2
  • 第三節 物理的假説としての分子 / 6
  • 第四節 アヴォガードロ恆數の決定と分子の實在 / 9
  • 第五節 分子概念の吟味 / 13
  • 第二章 分子模型とその性質 / 20
  • 第六節 原子構造の大要 / 20
  • 第七節 分子の大さと形状 / 27
  • 第八節 分子の慣性能率 / 29
  • 第九節 分子の電氣能率 / 32
  • 第十節 分子の電氣偏極度 / 34
  • 第十一節 分子の磁性 / 36
  • 第十二節 分子のエネルギー / 40
  • 第三章 分子恆數の測定 / 49
  • 第十三節 結晶によるX線の廻折 / 49
  • 第十四節 氣體によるX線の廻折 / 56
  • 第十五節 氣體による電子線の廻折 / 61
  • 第十六節 氣體の状性式 / 68
  • 第十七節 氣體分子の自由路長 / 73
  • 第十八節 無極性物質の電媒恆數と分子屈折率 / 78
  • 第十九節 有極性物質の電媒恆數 / 83
  • 第二十節 散射に於ける偏光解消率 / 89
  • 第二十一節 電氣的ケル效果 / 92
  • 第二十二節 ラマン效果 / 95
  • 第二十三節 帶スペクトル / 98
  • 第二十四節 磁氣感受率と磁氣旋光 / 110
  • 第二十五節 分子生成熱及び結合エネルギー / 117
  • 第二十六節 綜合的考察,原子距離,その他 / 126
  • 第四章 原子結合力と分子構造 / 137
  • 第二十七節 實驗的に見たる原子結合力の諸型 / 137
  • 第二十八節 原子價の概念 / 141
  • 第二十九節 コッセル及びリュウィスの原子價論 / 144
  • 第三十節 原子力諸相の理論的概觀 / 150
  • 第三十一節 水素分子の量子論 / 155
  • 第三十二節 等極結合の一般的理論 / 158
  • 第五章 分子概念の再檢討 / 169
  • 第三十三節 分子,基イオン及び遊離基 / 169
  • 第三十四節 結晶と分子概念 / 175
  • 第三十五節 液體と分子概念 / 179
  • 第三十六節 非晶性固態物質 / 186
  • 第三十七節 化學構造系統論 / 189
  • 參考書目 / 195~204
  • 附録諸表 / 205~226
  • 事項索引
  • 人名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 分子構造論
著作者等 仁田 勇
書名ヨミ ブンシ コウゾウロン
書名別名 Bunshi kozoron
シリーズ名 岩波全書 ; 第77
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 9版
ページ数 241p
大きさ 18×11cm
NCID BN03869967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49005658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想