明治の経済発展と中国

周啓乾 著

近代日本の基礎をつくった明治の経済発展こそ戦後の日本経済復興の要因だ-明治の日本を再評価する問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経済発展を目ざす西洋学習(欧米諸国への使節派遣
  • 外人専門家と技術者の聘用
  • 海外への留学生派遣
  • 国内教育の推進)
  • 明治前期の農・工業の発達(「殖産興業」政策の制定
  • 農業の地位と生産の向上
  • 近代鉱業の発達
  • 紡織工業の重要な地位
  • 交通運輸業の変革)
  • 対中国輸出と不平等貿易(甲午・日露両戦争による権益獲得
  • 対中国借款と投資
  • 不平等貿易
  • 中国の社会経済に関する綿密な調査)
  • 中国の鉱業・交通運輸業への介入(炭鉱への勢力伸張
  • 大冶鉄山の支配
  • その他の金属鉱山の略奪と機械工業の発展
  • 鉄道利権の奪取
  • 航運業の支配)
  • 明治後期の経済発達と構造変化(紡織工業と中国市場
  • 重工業と機械製造業の進歩
  • 交通運輸業の発展
  • 農業の新たな変化)
  • 明治経済の中国近代工業への影響(中国知識人への刺激と啓発
  • 日本の経験を参考にする二人の実業家
  • 中国近代工業への影響)
  • 明治の経済発展と中国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治の経済発展と中国
著作者等 周 啓乾
書名ヨミ メイジ ノ ケイザイ ハッテン ト チュウゴク
シリーズ名 東アジアのなかの日本歴史 7
出版元 六興
刊行年月 1989.10
ページ数 332, 9p
大きさ 21cm
ISBN 4845380978
NCID BN03863814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90003592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想