進化論の見方

河田雅圭 著

チャールズ・ダーウィンが『種の起源』によって、生物が進化してきた理論を世に問うてから百数十年の歳月が流れている。その間、今日に至るまで、進化論をめぐって様々な理論が百花繚乱的に乱立し、いまも"熱い論争"が展開されている。本書は、こうした進化論をめぐる混乱に対し、進化論に関わる様々な生物学の分野(進化生物学と呼ばれる)の知見と様々な進化理論を分かりやすく整理し、現在、生物の進化現象がどの程度まで説明しうるのか、明らかにしようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生物進化とはなにか
  • 適応と自然選択
  • 進化の要因
  • マクロな進化と長期的な進化傾向
  • 遺伝の機構と分子進化
  • 様々な進化要因の相対的な重要性
  • 進化論と現代社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化論の見方
著作者等 河田 雅圭
書名ヨミ シンカロン ノ ミカタ
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1990.5
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4314005246
NCID BN03859839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90046625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想