核戦争を待望する人びと : 聖書根本主義派潜入記

グレース・ハルセル 著 ; 越智道雄 訳

聖書の説くこの世の終末(ハルマゲドン)、キリストの再臨は、核戦争でしか可能にならない-とする右翼キリスト教派・聖書根本主義派は、現代アメリカの大衆はもとより政界にも少なからぬ影響力を持っている。恐るべきハルマゲドン幻想に踊り、その舞台となるイスラエル支援に熱中する人びとの生態をビビッドに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジェリー・フォルウエルとともにキリストの国へ
  • リンチバーグを訪ねて
  • フォルウエルとの2度目の旅
  • 非ユダヤ教徒シオニスト探訪
  • 持ちつ持たれつ
  • エルUSAレム-政教混同

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核戦争を待望する人びと : 聖書根本主義派潜入記
著作者等 Halsell, Grace
越智 道雄
ハルセル グレース
書名ヨミ カク センソウ オ タイボウスル ヒトビト
書名別名 Prophecy and politics
シリーズ名 朝日選書 386
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1989.9
ページ数 317p
大きさ 19cm
ISBN 4022594861
NCID BN03852680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89059030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想