ガン回廊の炎

柳田邦男 著

大きく変貌し前進するガン医学・医療-。21世紀へ向けて確かな橋頭堡を築くために、様々な領域で情熱の炎を燃やしつづける人たちの苦闘とその成果の記録。『ガン回廊の朝』から10年、待望の意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 病院長・市川平三郎は読影台に掛けられたX線写真を見て、「これは早期胃ガンですね」といって、さらに氏名欄をのぞいた。そこにはまぎれもなく自分の名前が
  • 第2部 その患者は昨日食道ガンの大手術を受けたばかりなのに、もう新聞を読んでいた。麻酔科医・平賀一陽は硬膜外モルヒネの威力に驚き、「みんな見てこいよ」といった。
  • 第3部 1982年夏、TNFという物質が"夢の制ガン剤"として誇大に報道された。「32歳の妻のためにTNFを」。末期患者の夫の行動が政治を動かし
  • 第4部 外科医・土屋了介は高齢者の肺ガンでも切れるはずだと、徹底的に研究をして、86歳のタエの手術に臨んだ。2週間後、タエはスタスタと歩いて帰るではないか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガン回廊の炎
著作者等 柳田 邦男
書名ヨミ ガン カイロウ ノ ホノオ
出版元 講談社
刊行年月 1989.11
ページ数 601p
大きさ 20cm
ISBN 4062037378
NCID BN03848606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想