古事記説話群の研究

武田祐吉 著

[目次]

  • 目次
  • 序說 帝紀と本辭と / p1
  • 第一 本辭に關する文獻 / p4
  • 一 奈良時代およびその以前の文獻 / p4
  • 二 新撰龜相記の記事 / p6
  • 三 近世以降の諸說 / p11
  • 第二 古事記における本辭 / p14
  • 一 本辭の部分の分離 / p14
  • 二 本辭の題材と形態 / p20
  • 第三 本辭の種類とその傳承 / p26
  • 一 本辭の傳承者 / p26
  • 二 文獻による本辭の傳承 / p66
  • 三 本辭の文章 / p85
  • 四 本辭の傳承の系統 / p93
  • 第四 本辭の分化 / p112
  • 一 本辭の成長と變化 / p112
  • 二 古事記における別傳 / p122
  • 三 日本書紀神代の卷における別傳 / p130
  • 第五 本辭の性格 / p141
  • 第六 本辭の歷史性 / p145
  • 一 本辭の歷史的根據 / p145
  • 二 本辭における系譜表現 / p156
  • 三 現在の事實の證明 / p160
  • 第七 本辭の國家性 / p167
  • 一 國家の始顯 / p167
  • 二 天皇と氏族 / p182
  • 三 國家性の乏しいものの存在 / p186
  • 第八 本辭の哲學性 / p189
  • 一 存在の歷史的說明 / p189
  • 二 神靈不滅の思想 / p199
  • 三 異郷思想 / p201
  • 第九 本辭の祭祀性(一)總說 / p208
  • 一 神祇と本辭 / p208
  • 二 本辭と祭祀との關係 / p219
  • 三 祭祀とその詞章 / p222
  • 第十 本辭の祭祀性(二)各說 / p232
  • 一 本辭における祈年祭の思想 / p232
  • 二 本辭における道饗祭の思想 / p255
  • 三 本辭における鎭火祭の思想 / p259
  • 四 荒ぶる神 / p269
  • 五 本辭における大祓の思想 / p280
  • 六 本辭における大嘗祭の思想 / p290
  • 七 みそぎ / p301
  • 八 うけひ / p308
  • 九 いはひ / p314
  • 一〇 神宮神社の本綠 / p329
  • 一一 氏族の祭祀 / p335
  • 第十一 本辭の文藝性 / p361

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古事記説話群の研究
著作者等 武田 祐吉
書名ヨミ コジキ セツワグン ノ ケンキュウ
出版元 明治書院
刊行年月 1954
ページ数 364p
大きさ 22cm
NCID BN03844536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54002763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想