封建社会と近代 : 津田秀夫先生古稀記念

津田秀夫先生古稀記念会 編

この本の情報

書名 封建社会と近代 : 津田秀夫先生古稀記念
著作者等 津田 秀夫
津田秀夫先生古稀記念会
書名ヨミ ホウケン シャカイ ト キンダイ
書名別名 Hoken shakai to kindai
出版元 同朋舎
刊行年月 1989.3
ページ数 31, 970p
大きさ 22cm
ISBN 4810407748
NCID BN03842789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89044872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「元禄元年十二月井狩十助親類書」について 南尊融
「初期小作争議」の歴史的役割 : 「協調体制」研究の視角に学んで 高島敏彦
シベリア出兵下における奈良聯隊の「北満」派兵について 大谷渡
一九二〇年代日本における大量消費社会の萌芽的形成とイノベーション 竹村民郎
享保期京都の民政について 田口泰久
享保期幕臣団の編成について 室谷公一
京都における氏子区域の形成 : 松尾社と稲荷社の祭祀形式 黒田一充
以酊庵第二世・規伯玄方和尚の晩年 : 万治元(一六五八)-寛文元年(一六六一)、赦免後の京・大阪における日々 泉澄一
備荒儲蓄法の特質と地域の救済 冨坂賢
大坂・玉造の綿打弦生産 角山幸洋
大正後半期における村島帰之の行動 木村和世
大阪における廃娼運動 : 飛田遊廓新設問題の場合 寺川健治
天明・寛政期旗本財政について : 鈴木氏を事例にして 藤田恒春
太田城水攻めと原刀狩令 播磨良紀
室町幕府開創期における執事と管領 楞野一裕
富田砥石争議と村政改革運動 住友陽
岡崎十人衆に関する覚書 : 徳島藩政の一齣 石尾和仁
幕末維新期における備中松山藩の動向 朝森要
康煕南巡と日本 松浦章
建国奉仕隊 : 天皇制ファシズム確立期における歴史的役割について 松本裕行
後期朱子学者の社会実践 : 菅茶山の教育活動を中心に 明尾圭造
愛国婦人会小史 石月静恵
戦国期の山科郷民と山科本願寺・朝廷 原田 正俊
旧仏教と女性 平 雅行
明治中期大阪の貧窮民 小山仁示
明治初年の大坂築港問題 : 築港儀者を中心に 服部敬
朝家の再興 : あるいは織田信長の場合 丸谷豊
東寺散所研究序説 宇那木隆司
江戸中期以後の神道系門人形成について 二宮正彦
渡辺綱伝説と住居空間 森隆男
熊本城石垣の変遷について 北垣聡一郎
秀吉と木食応其 : 連歌作品の史料的価値について 鶴崎裕雄
紀州藩における近世直臣団の成立と陪臣の構造 遊佐教寛
維新期の堂島米会所 津川正幸
織豊期における大和の綿作と繰綿の流通 : 高市郡四条・同郡今井を中心として 森本育寛
請作と請料 : 作手所有の性格について 吉田徳夫
谷三省(景命)考 : 蘭方系種痘医の形成と展開 浅井允晶
近世城下町の拡大地域の構造とその変容 : 松坂における「町廻地」について 小野田一幸
近世大坂開帳考 田中豊
近世奈良の具足屋に関する一考察 : 細川家扶持人春田又左衛門を廻って 宮崎隆旨
近世村落における諸種負担の構造 岩城卓二
高麗螺鈿についての二、三の問題 : その編年をめぐって 高橋隆博
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想