尿沈渣

長浜大輔 著

本書は、尿沈渣の勉強と検査をはじめる前に、臨床検査側からみた標本の観察とそれに必要なリサーチワークをよりわかりやすく理解するために作成したものである。そして尿沈渣成分を、赤血球・白血球・上皮細胞・円柱・微生物・塩類結晶・その他の成分の順に列記し、その相互関連性に特に力を注いだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 採尿法
  • 採尿上の注意
  • 尿沈渣成分(赤血球・白血球・円柱・上皮細胞)の経時変化と尿の保存法
  • 尿沈渣無染色標本の作製法
  • 尿沈渣無染色標本の鏡検法
  • 尿沈渣無染色標本の特徴
  • 視野面積の求め方
  • 顕微鏡計測法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尿沈渣
著作者等 長浜 大輔
書名ヨミ ニョウチンサ
出版元 文光堂
刊行年月 1979.5
版表示 改訂第2版.
ページ数 169p
大きさ 21cm
ISBN 4830642076
NCID BA31442539
BN03842235
BN0435329X
BN08630970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79025653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想