建武年中行事註解

和田英松 註解

後醍醐天皇が選述した「建武年中行事・日中行事」は、宮中行事を網羅した唯一の宝典として、王朝文化や中興政治の解明に不可欠の基本資料である。本書は、この両行事書に『官職要解』の和田博士が、博引旁証にして簡潔丁寧な考証を付した註解本の新訂版で、今回新たに、本書の成立と特色を論じた解説および引用書要覧などを加えて、読者の便宜を図った。日本の伝統文化を見直す歴史的名著の復刊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建武年中行事註解
著作者等 和田 英松
所 功
書名ヨミ ケンム ネンチュウ ギョウジ チュウカイ
書名別名 Kenmu nenchu gyoji chukai
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.9
版表示 新訂 所功校訂.
ページ数 460p
大きさ 15cm
ISBN 4061588958
NCID BN03839671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想