占領史録  4 (日本本土進駐)

江藤淳 編

軍政か民政か-。予想外に早く訪れた日本降伏の決定に、連合国側の対日管理方針は揺れた。一方、敗戦日本国民は、米軍の進駐開始という新しい事態に、猶予なく直面しなければならなかった。終戦連絡中央事務局を中心とした懸命の受け入れ準備、各地方における対応…本巻所収の史料は、占領軍を迎えた日本の緊張と不安を余すところなく伝える。7年間の「占領」とは何だったのか(全4巻完結)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本占領を回想する(リチャード・B・フィン)
  • 終連と占領軍
  • 関東進駐
  • 東北・北海道進駐
  • 中部・近畿進駐
  • 中国・四国進駐
  • 九州進駐

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領史録
著作者等 江藤 淳
波多野 澄雄
書名ヨミ センリョウ シロク
書名別名 日本本土進駐
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次 4 (日本本土進駐)
出版元 講談社
刊行年月 1989.9
ページ数 401p
大きさ 15cm
ISBN 4061588923
NCID BN03839580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89061464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想