三千里  上

河東碧梧桐 著

行動する俳人として明治の俳句界に異彩を放つ碧梧桐は、明治39年8月、全国行脚を志して旅に出た。本書『3千里』は、その日々の見聞を、はじめ「一日一信」と題して新聞「日本」に、のちに雑誌「日本及び日本人」に連載した旅日記である。定型から新傾向へ、さらに自由律へと、つねに俳句の可能性を追求した碧梧桐の不朽の名著。上巻には、千葉から東北・北海道までの旅を収録した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三千里
著作者等 河東 碧梧桐
書名ヨミ サンゼンリ
書名別名 Sanzenri
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1989.7
ページ数 350p
大きさ 15cm
ISBN 4061588850
NCID BN03839048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89049356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想