ヒトラー政権下の日常生活

H.フォッケ, U.ライマー 著 ; 山本尤, 鈴木直 訳

1933年1月30日、ヒトラーは首相に就任し、政権を掌握した。その日以降、ドイツの平均的市民は、ナチスの要求である"画一化"に対し、どのように反応したか。そして、青少年、学校、家庭、労働者たちの日常生活がどう変わったのか。本書は一人の若者の回顧から始まる。「村はカギ十字の旗で溢れた。…学校の様子も変わって行く。ヒトラー式の挨拶をする生徒や教師が増え…、そして、いつしか私も…」庶民の生の声を伝える興味ある記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青少年(青少年の「画一化」
  • ヒトラー・ユーゲントでの日常
  • 青少年と戦争)
  • 学校
  • 家庭
  • 労働
  • 物資の供給

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトラー政権下の日常生活
著作者等 Focke, Harald
Reimer, Uwe
伊藤 富雄
山本 尤
鈴木 直
ライマー U.
フォッケ H.
書名ヨミ ヒトラー セイケンカ ノ ニチジョウ セイカツ
書名別名 Alltag unterm Hakenkreuz

ナチスは市民をどう変えたか

Hitora seikenka no nichijo seikatsu
出版元 社会思想社
刊行年月 1989.7
版表示 〔新装版〕
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4390603248
4390602748
NCID BN00741548
BN03739134
BN03834714
BN07979413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89055621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想