ECの共通農業政策

ローズマリイ・フェネル 著 ; 荏開津典生, 柘植徳雄 訳

共通農業政策の影響は、ECの境界を遥かに越えたところにまで及んでおり、その政策の基本的な姿を理解することは、ECに対する輸出国にとっても、農業政策全体が国際的に見直されている現在、とりわけ重要である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 共通農業政策の背景と目的
  • ECの機関
  • ECの立法過程
  • 各国のCAPとの関連
  • EC財政
  • グリーンマ・ネー
  • 価格・市場制度の構成
  • 畑作物の価格と市場機構
  • 家畜および畜産物の価格と市場機構
  • 園芸作物および永年作物の価格と市場機構
  • 農業の構造政策と社会政策
  • 農業関連部門の構造政策と社会政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ECの共通農業政策
著作者等 Fennell, Rosemary
柘植 徳雄
荏開津 典生
フェネル ローズマリイ
書名ヨミ イーシー ノ キョウツウ ノウギョウ セイサク
書名別名 The common agricultural policy of European community. 2nd ed
出版元 大明堂
刊行年月 1989.9
版表示 第2版
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 4470360481
NCID BN03833970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想