接写と顕微鏡写真

竹村嘉夫 著

[目次]

  • 目次
  • 接写
  • 接写とは / p2
  • 接写に適当なカメラ / p4
  • ライカ型カメラと接写装置 / p6
  • 一眼レフカメラ / p8
  • 接写リングと蛇腹装置 / p12
  • 一眼レフカメラの付属装置 / p14
  • 超接写のための装置 / p16
  • 三脚の選び方と使い方 / p20
  • 標準レンズの接写 / p22
  • 接写用レンズ / p26
  • 長焦点レンズの効果 / p28
  • フィルムの選び方(モノクローム) / p30
  • フィルター効果 / p34
  • 接写のための光源 / p36
  • ライティングの基本 / p38
  • 室内撮影のライティング / p40
  • 野外撮影のライティング / p44
  • バックの意義と役割 / p46
  • 野外撮影のバック処理 / p48
  • 絞りとシャッタースピードの決め方 / p50
  • 接写とマクロフォトの露出 / p52
  • フィルム現像と引伸し / p54
  • 生態写真のために / p56
  • 標本写真のために / p62
  • 複写のために / p68
  • フォトグラム / p70
  • 顕微鏡写真
  • 顕微鏡写真とは / p74
  • 撮影のためのプレパレーション / p78
  • 顕微鏡の構造 / p82
  • 対物レンズと接眼レンズ / p84
  • コンデンサーと絞りの活用 / p86
  • 顕微鏡写真の倍率 / p88
  • レンズの組合せとカメラ長の決め方 / p90
  • 写真装置のいろいろ / p92
  • 一眼レフカメラ / p96
  • 顕微鏡写真装置 / p100
  • 鏡基利用のマクロフォト / p102
  • 顕微鏡光源 / p104
  • 照明法のいろいろ / p106
  • 明視野照明法 / p108
  • 偏射照明法,暗視野照明法,偏光照明法 / p110
  • カラー撮影のための照明法と光源 / p112
  • 顕微鏡写真の露出 / p114
  • 露出の決め方 / p116
  • フィルムの選び方と現像法 / p118
  • 顕微鏡写真の引伸し / p120
  • 基礎編
  • 写真技術の概念 / p124
  • カメラとレンズ / p125
  • カメラの種類 / p126
  • レンズの種類 / p127
  • 感光材料 / p127
  • 撮影用感光材料 / p128
  • 焼付用感光材料 / p128
  • 感光材料の構造 / p129
  • 感光材料の特性 / p129
  • フィルムの種類 / p132
  • 印画紙の種類 / p135
  • 暗室と安全光 / p137
  • 暗室設計の要領 / p137
  • セーフライトについて / p138
  • 写真処理 / p140
  • 現像剤 / p140
  • 現像液の処方 / p142
  • フィルム現像 / p143
  • 印画紙現像 / p145
  • 現像停止と定着 / p146
  • 水洗と乾燥 / p147
  • カラー写真のために / p149
  • カラーフィルムとは / p150
  • カラーフィルムの種類 / p151
  • 色温度の問題 / p152
  • 色温度補正フィルター / p153
  • カラー用フィルター / p154
  • 撮影の光源 / p155
  • カラー撮影のコントラスト / p156
  • 色の反射と配色 / p156
  • カラーフィルムの露出 / p157
  • カラーフィルムの取り扱いと保存 / p158

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 接写と顕微鏡写真
著作者等 竹村 嘉夫
書名ヨミ セッシャ ト ケンビキョウ シャシン
書名別名 Sessha to kenbikyo shashin
出版元 共立
刊行年月 1964
版表示 改訂4刷
ページ数 160p 図版
大きさ 22cm
NCID BA57700389
BN03833551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64008772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想