藤原定家

村山修一 著

華やかな歌道の精進をつづける傍ら、すがりつくような思いで顕栄を願う官僚生活。一方悪化してゆく世相の中で所領をおびやかされ、絶間ない病苦に悩まされる。堂上公家とはいえ、やはり一個の人間であり、一代の歌人がたどる苦闘の一生は、まさに反抗的な美の極致の追求でもある。詳細な研究成果と新史料を盛って全容を解剖した著名な堂上歌学者の伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 御子左家の伝統とその周辺
  • 2 青春時代
  • 3 九条家出仕
  • 4 官途への執着
  • 5 新古今への道
  • 6 思索と反省
  • 7 後鳥羽院政
  • 8 権力者と追従者
  • 9 熊野御幸
  • 10 荘園所領
  • 11 承久乱後の世相
  • 12 子弟と所従たち
  • 13 洛中洛外の住居
  • 14 新勅撰前後
  • 15 宗教観と自然観
  • 16 病苦と晩年
  • 藤原定家関係系図
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原定家
著作者等 村山 修一
書名ヨミ フジワラ サダイエ
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1989.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 402p
大きさ 19cm
ISBN 4642051724
NCID BN03824018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89062063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想