近代日本社会思想史研究

工藤英一 著

明治期に輸入された近代的イデオロギーは、日本の封建的イデオロギーと対決しつつ、どのような役割を果たしてったか。地租、労働問題、足尾鉱毒事件、社会主義、キリスト教主義学校、被差別部落解放、明治天皇の死など、社会・経済・人権・宗教についての13篇の論考をとおして、キリスト教と社会思想の展開を概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治時代における社会主義とキリスト教-土地問題を中心とした明治初期の概観
  • 2 ガルストの単税経済論-付・ガルスト研究の新資料
  • 3 明治中期における地租増徴論-田口卯吉を中心として
  • 4 明治20年代における田口卯吉と労働問題-その社会経済思想的考察
  • 5 明治後期キリスト教の社会的性格-20世紀大挙伝道を中心として
  • 6 日本近代化の過程におけるキリスト教学校教育の問題-文部省訓令第12号をめぐって
  • 7 明治期における部落解放論-その社会思想史的考察
  • 8 田中正造論-社会思想史的一試論
  • 9 足尾鉱毒事件と週刊『平民新聞』
  • 10 鉱毒問題とキリスト教徒-田村直臣の場合
  • 11 足尾銅山鉱毒事件と明治学院
  • 12 台湾・山地人社会におけるキリスト教受容の-その歴史的・社会的素描
  • 13 社会思想史的にみた明治天皇の死とキリスト教-井深梶之助の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本社会思想史研究
著作者等 工藤 英一
書名ヨミ キンダイ ニホン シャカイ シソウシ ケンキュウ
出版元 教文館
刊行年月 1989.7
ページ数 354p
大きさ 22cm
ISBN 4764271311
NCID BN03817908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89060372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想