人類学とは何か

松原正毅 編

地球時代・世界時代に向けて、今ほど積極的対応が求められている時代はない。人類社会の中では、制度、生活様式、言語・宗教、技術など多様なバリエーションと価値系が存在するという文化相対主義的な視座からの、いわば"人類学的思考"による時代認識が求められているのである。本書は、第一線研究者による最新のフィールドワークの成果をもとに、トータルな「人間の学」としての人類学の拡がりを提示する格好のリーディングスである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 人類学とは何か-その歴史と現在
  • 1 言語論的考察(自然認識と言語表現
  • 日本語・アルタイ諸語における引用表現
  • チベット・ビルマ系言語の接辞
  • フルベ文化における白と黒-白の否定性
  • ミクロネシア・エラート環礁の数詞)
  • 2 儀礼論的考察(ジャワにおける儀礼と食物-スラマタン儀礼の供物の象徴性
  • サタワル島における食物カテゴリー
  • サタワル社会の人生儀礼-贈与・交換の象徴性
  • ハヌノオ・マンヤン族の紛争処理-"予定されない出来事"の民族誌)
  • 3 象徴論的考察(認識人類学と象徴人類学
  • 映像表現の民族学
  • 社会人類学的宗教理解の諸前提
  • サタワル島における空間の象徴性
  • 済州島における音の体系
  • トルコ語における動物語彙の悪罵)
  • 4 歴史論的考察(バントョ諸語の指示詞とバントゥの移動の道
  • 古代マヤ人の時空認識
  • 白ロシアの起源-地名・民族名称と色彩方位観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類学とは何か
著作者等 松原 正毅
書名ヨミ ジンルイガク トワ ナニカ
書名別名 言語・儀礼・象徴・歴史
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1989.8
ページ数 568, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4140091274
NCID BN03811650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89059300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想