無名戦没者たちの声 : 千鳥ケ淵と昭和

石川逸子 著

大君のため、国のため"聖戦"と信じて散った無名戦没者33万人が眠る千鳥ヶ淵墓苑。生きていれば優しい息子であり夫であったろうものを。しかも聖戦の正体は侵略だった。この事実を見すえ、死者の声に耳かたむけ、歴史を伝えることから、はじめて未来が見えてくるのではないか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 千鳥ヶ淵での出会い
  • 二つの地図
  • 三十三万体の骨
  • "聖戦"の正体
  • 軍属たちの魂
  • おのれの知恵と思想
  • アジア各地の日本民衆
  • 未来への歩み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無名戦没者たちの声 : 千鳥ケ淵と昭和
著作者等 石川 逸子
書名ヨミ ムメイ センボツシャタチ ノ コエ
書名別名 Mumei senbotsushatachi no koe
シリーズ名 岩波ブックレット no.136
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.7
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000030760
NCID BN03808860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89054446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想