金融自由化の経済学

蝋山昌一 著

自由化・国際化という新しい波は、銀行・証券業務を大きく変え、新金融商品の開発や公開市場の整備なども、着実に進んでいる。本格段階を迎えた金融自由化の実態を鋭く分析、今後のゆくえを興味深く探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の金融とその変化
  • セキュリタイゼーションの進展
  • 国境がなくなる金融-グローバル化の意味
  • 苦悩するアメリカ金融
  • 株価大暴落の意味
  • 金融・証券市場の近未来
  • 金融制度の再検討-制度問題研究会報告の読み方
  • 社債発行市場の改善策
  • 決済システム変革の条件
  • 金融自由化・二つの主役-新短プラと小口MMC
  • 金融制度改革のゆくえ-グローバリゼーションとセキュリタイゼーション
  • 金融先物市場-未熟な日本・爛熟のアメリカ
  • 二つの株価指標-日経平均と東証指数
  • 年金資産運用新時代の課題
  • 国際金融都市「日本」の可能性-大阪から東京をみる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融自由化の経済学
著作者等 蝋山 昌一
書名ヨミ キンユウ ジユウカ ノ ケイザイガク
書名別名 Kin'yu jiyuka no keizaigaku
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1989.8
ページ数 288p
大きさ 20cm
ISBN 4532074983
NCID BN03807733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90001531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想