性や死について話そう

片岡輝, 池ケ谷直美 著

セックスや死について、子どもにいろいろ聞かれるけれど、どうも答えにくくて、という親も多いはず-。身近な出来事を題材に子どもにどう伝えてゆくか、考えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-かくすべきか?かくさざるべきか?
  • 1 子どもが死と直面するとき(ねえ、お母さんも死ぬの?
  • 死が語りかけてくるものを聞く)
  • 2 子どもに性をどう語るか(息子の部屋でポルノ雑誌を見つけたら
  • 生と性はつながっている)
  • 3 子どもが生きている時間(「時間どろぼう」とたたかう
  • 収容所としての子ども時代)
  • 4 生きるために必要な空間(不思議なバリヤー
  • 闇の世界の記憶をさかのぼって)
  • 私ンちはこうだけど、あなたンちは?-あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性や死について話そう
著作者等 池ケ谷 直美
池ヶ谷 直美
片岡 輝
書名ヨミ セイ ヤ シ ニ ツイテ ハナソウ
シリーズ名 毛利子来の親子塾 3
出版元 晶文社
刊行年月 1987.6
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4794919832
NCID BN03802401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87047033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想