私の常識哲学

長谷川如是閑 著

人間如是閑をほうふつさせる軽妙洒脱な語り口の放送講演集。日本の代表的ジャーナリストである著者は本書の中で、氏一流の説得力ある常識哲学に照らして、真の哲学とは観念的でなく、経験的、行動的なもの、つまり「人生いかに生きるべきか」でなく、「まず生きなさい」とその本質を説き、人間らしい生き方とは何か、真に僧創造的な文化とは何かを簡明直截に述べている。歯に衣着せぬ氏の警世の書として、その評価は重厚、新鮮である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 生活の常識
  • 2. 生活の哲学
  • 3. 文化とは何か
  • 4. 言葉の文化について
  • 5. 衣食住の文化
  • 6. 生活の科学と哲学
  • 7. 文化的民主主義
  • 8. 生活と芸術
  • 9. 生活の倫理
  • 10. 娯楽文化
  • 11. 娯楽の健全性
  • 12. 生活の教育
  • 13. 生活の宗教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の常識哲学
著作者等 長谷川 如是閑
書名ヨミ ワタクシ ノ ジョウシキ テツガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1987.7
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 4061587978
NCID BN03800643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87048479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想