ドイツ語とドイツ人気質

小塩節 著

人はことばを通じて世界を認識し規定し、ことばによって精神のあり方を刻印づけられる。ドイツ語の、重々しく深々としたゆたかなひびきや、最後まで緊張を要する、公明正大でごまかしのきかない表現構造などは、どんな人間像をはぐくみ、また映し出すか。ドイツ人はたくましくも頑強であり、明快かつ重厚な精神を失わず、強い自己主張と旺盛な自己実現への意欲をもつ。私たち日本人とは異質な文化世界への扉を開ける鍵がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ドイツ語の特徴(ドイツ語のひびき
  • ドイツ語は論理的な言語か
  • 方言と共通語
  • 詩の美しさ
  • 日常生活のドイツ語と英語
  • 文法上の英語とドイツ語のちがい
  • 冷たい関係のSie)
  • 2 生活と文化(買い物の表現
  • 外国語に訳せない表現
  • 経済に見る地域分散型のドイツ人気質
  • 法の感覚
  • 神と世界にわびるドイツ魂
  • ゲーテの『ファウスト』
  • ドイツ人の家庭生活)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ語とドイツ人気質
著作者等 小塩 節
書名ヨミ ドイツゴ ト ドイツジン カタギ
書名別名 Doitsugo to doitsujin katagi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1988.4
ページ数 282p
大きさ 15cm
ISBN 4061588257
NCID BN03800075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88028668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想