方丈記を読む

馬場あき子, 松田修 著

現代-この不確実の時代は奇しくも中世的状況に酷似しているといわれる。相次ぐ天災と、人々の心に横溢した「無常観」の支配した末法の世。その暗黒の中世に生きた鴨長明とはいかなる人物で、その代表的著作である『方丈記』の根底の思想とは何だったのか。淡々たる事実の叙述の裏に積極的な「遁世」の意志を探り、また捨てがたき妄執の中に人間の業を観る白熱の対論は、この混迷の現代に生きる我々に大きな示唆を与えるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 長明とは誰か
  • 2 『方丈記』を読む
  • 3 歌のわかれ
  • 4 遊狂の源流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方丈記を読む
著作者等 松田 修
馬場 あき子
書名ヨミ ホウジョウキ オ ヨム
書名別名 Hojoki o yomu
シリーズ名 方丈記
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1987.10
ページ数 224p
大きさ 15cm
ISBN 4061587595
NCID BN03799963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87058525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想