毛沢東

竹内実 著

毛沢東の革命路線から開放政策へ、そして戒厳令へ。中国は40年間、激動を続けてきた。中国社会主義革命とは何であったのか。本書は毛沢東の社会主義のモデル、文化大革命期の思想と行動を詳細に分析する。また彼を育んだ湖南省の風土や詩に託された人生観を考察し複雑な人物像に光を当て、毛沢東の現代中国における位置を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天安門上の毛沢東
  • 毛沢東の原点
  • 湖南の学風
  • 革命と詩
  • 国家建設のプラン
  • 思想改造
  • スターリン批判と反右派闘争
  • 文化大革命の嵐
  • 晩年の毛沢東

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 毛沢東
著作者等 竹内 実
書名ヨミ モウ タクトウ
書名別名 Mo takuto
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.9
ページ数 208, 6p
大きさ 18cm
ISBN 400430086X
NCID BN03798938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90002401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想