日本美を語る  第11巻

野口 武彦;小林 忠【編】

[目次]

  • 眼の俳諧-視覚のデモクラシイからアナーキイへ
  • 浮世絵版画(浮世絵とその時代
  • 春信
  • 清長
  • 歌麿
  • 写楽
  • 北斎
  • 広重
  • 英泉)
  • 風俗画と肉筆浮世絵
  • 江戸諸派(応挙
  • 若冲
  • 蕭白
  • 蘆雪)
  • 浮世絵の展開
  • 図版解説
  • 収録文作家紹介

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美を語る
著作者等 小林 忠
野口 武彦
書名ヨミ ニホンビ オ カタル
書名別名 江戸市井の美 : 浮世絵・風俗画と江戸諸派

Nihonbi o kataru
巻冊次 第11巻
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1989.7
ページ数 159p
大きさ 31cm
ISBN 4324015651
NCID BN03798927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89056077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想