コンパイラの理論

大山口通夫 著

[目次]

  • 序論(言語処理系
  • プログラミング言語とコンパイラ
  • 諸定義)
  • コンパイラの概要(コンパイラの構造
  • 字句解析
  • 構文解析
  • 中間コード生成
  • コード最適化
  • 目的コード生成)
  • 字句解析と正規表現(正規集合と正規表現
  • 有限オートマトン
  • 正規表現と有限オートマトンの関係
  • 最簡形オートマトン
  • 字句解析系の生成)
  • 構文解析<1>(プログラミング言語の構文
  • 解析木の表現
  • プッシュダウン・オートマトン
  • プッシュダウン変換機械)
  • 構文解析<2>下降型構文解析(下降型構文解析
  • LL文法とそのバーザ
  • FirstとFollow
  • 拡張文脈自由文法)
  • 構文解析<3>上昇型構文解析(LR文法とそのバーザ
  • SLR文法とLALR文法
  • 演算子順位法と曖昧な文法
  • 誤り回復)
  • 中間コード生成(構文主導型変換
  • 逆ポーランド記法と抽象構文木
  • 3‐アドレスコード
  • p‐コード
  • 属性文法
  • コンパイラ生成系)
  • 目的コード生成(レジスタ割当て
  • 目的コード生成部の自動生成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンパイラの理論
著作者等 大山口 通夫
書名ヨミ コンパイラ ノ リロン
シリーズ名 コンピュータ数学シリーズ 10
出版元 コロナ社
刊行年月 1989.9
ページ数 163p
大きさ 22cm
ISBN 4339025437
NCID BN03795962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想