ドストエフスキイ

井桁貞義 著

島崎藤村の『破戒』以来、日本の近代文学と思惟とに巨大な影を投げかけて来たドストエフスキイ。社会主義革命、ニヒリズム、宗教復興など、19世紀以後の世界の思潮を貫く大きなテーマのほとんど全てに反応した作家であるためか、これまでドストエフスキイの文学は抽象的、観念的に受け取られることが多かった。本書ではこの作家の創作活動を、ロシアとヨーロッパの文学史、思想の流れの中に置き直して、作品の成立の事情を具体的に明らかにしようと努めた。さらに作品の内部世界に分け入ることにより、この作家の思想像を取り出し、現代の私たちにとっての意味を考えようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 デビューまで
  • 2 『貧しき人々』-<テクストの出会い>と<出会いのテクスト>
  • 3 <ユートピア>の探求
  • 4 『地下室の手記』-<アンチ・ヒーロー>による<反物語>
  • 5 宗教生活
  • 6 『罪と罰』-再構築と破壊
  • 7 カタログ式西欧旅行案内
  • 8 『悪霊』-レールモントフとニーチェを結ぶもの
  • 9 ジャーナリスト‐ドストエフスキイ
  • 10 『カラマーゾフの兄弟』-修道僧と<聖なる愚者>たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドストエフスキイ
著作者等 井桁 貞義
書名ヨミ ドストエフスキイ
シリーズ名 人と思想 82
Century books 82
出版元 清水書院
刊行年月 1989.6
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4389410822
NCID BN03781764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90041912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想