東洋における素朴主義の民族と文明主義の社会

宮崎市定 著

東アジアにおける歴史のあゆみを文明主義(漢民族)と素朴主義(遊牧民族)の相克しあう歴史としてダイナミックに描いた著者会心の作。『東洋的近世』も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東洋における素朴主義の民族と文明主義の社会(古代における文明主義社会の成立
  • 中世における素朴民族の活動
  • 近世における素朴主義社会の理想)
  • 東洋的近世(世界と東洋との交通の概観
  • 中国近世の社会経済
  • 中国近世の政治
  • 東洋近世の国民主義
  • 近世の文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東洋における素朴主義の民族と文明主義の社会
著作者等 宮崎 市定
書名ヨミ トウヨウ ニ オケル ソボク シュギ ノ ミンゾク ト ブンメイ シュギ ノ シャカイ
書名別名 Toyo ni okeru soboku shugi no minzoku to bunmei shugi no shakai
シリーズ名 東洋文庫 508
出版元 平凡社
刊行年月 1989.9
ページ数 329p
大きさ 18cm
ISBN 4582805086
NCID BN03778249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90001375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想