市民社会と親族身分法

山中康雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前編 市民社會と親族身分法 / 1
  • 序論 問題の所在 / 1
  • 第一章 問題の整理 / 33
  • 第一節 身分法と類比せらるべきものとしての民法總則編 / 34
  • 第二節 財產法と類比せらるべきものとしての民法親族編と相續編 / 60
  • 第二章 財產法體系の端初部分 / 118
  • 第三章 親族的身分共同生活關係秩序のもつ法的論理構造 / 164
  • 第一節 親族の身分 / 164
  • 第二節 身分行爲 / 218
  • 結語 / 282
  • 後編 親族身分法の廢棄と自由なる家族法の誕生 / 289
  • 序論 本編の課題 / 289
  • 第一章 父家長權的家族制度が資本制社會內に存續せしめられた根據 / 291
  • 第二章 封建社會の家と資本制社會の家との相違 / 303
  • 第三章 家族制度の完全なる市民社會化 / 316
  • 第四章 市民社會と相續制度 / 334
  • 結論にかえて 改正民法における改正の要點 / 351
  • 第一節 人倫關係の法關係化 / 351
  • 第二節 父家長權的家族制度の廢止 / 355
  • 第三節 男女の差別待遇の撤廢 / 360
  • 第四節 身分行爲の自由 / 363
  • 第五節 氏 / 366
  • 第六節 相續 / 368
  • 第七節 親族會の廢止と家事審判所 / 370

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 市民社会と親族身分法
著作者等 山中 康雄
書名ヨミ シミン シャカイ ト シンゾク ミブンホウ
書名別名 Shimin shakai to shinzoku mibunho
シリーズ名 法学叢書
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和24
ページ数 374p
大きさ 19cm
NCID BN03775207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46009761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想