ヴァルザーの小さな世界

ローベルト・ヴァルザー 著 ; 飯吉光夫 編訳著

<みずからを低くする態度>を身いつけ、自分に親密なことばだけを書きつけたヴァルザーの散文小品を初めて紹介。呆けの極限のやさしさ。ユルク・アマン『ローベルト・ヴァルザーの狂気あるいは不意の沈黙』収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ローベルト・ヴァルザー散文小品(神経の疲れ
  • 何ごとにも気づかぬ男
  • トーヴへの演説
  • とんま
  • 道化者
  • セザンヌ考
  • バガニーニ
  • 夜の散策
  • 湖の話
  • 恋人同士
  • ディアンの女性
  • スミレの花
  • あふれる手紙
  • 夫と妻
  • 喝采 ほか)
  • ローベルト・ヴァルザーの病院生活
  • ローベルト・ヴァルザーの狂気、あるいは不意の沈黙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァルザーの小さな世界
著作者等 Walser, Robert
飯吉 光夫
ヴァルザー ローベルト
書名ヨミ ヴァルザー ノ チイサナ セカイ
書名別名 Varuza no chiisana sekai
シリーズ名 筑摩叢書 337
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.8
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 4480013377
NCID BN03773926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想