細胞社会とその形成 : 形態形成プログラム

江口吾朗 ほか編

[目次]

  • 序文(発生研究の現状とその将来像
  • シナプス形成の謎-発生研究に期待すること)
  • 1 細胞の話し合い(特異的細胞接着の機構と形態形成
  • 細胞の形態形成と細胞骨格
  • 視覚神経回路形成のしくみ
  • 粘筋細胞による分化パターン形成)
  • 2 細胞個性の発現(細胞個性を躍動させる転写制御因子
  • シナプス形成の遺伝的制御-神経突起伸長の細胞内制御機構
  • 生殖細胞系列の決定に関わる遺伝子群
  • 高等植物の器官分化過程を制御する遺伝子群の解析)
  • 3 形づくりのシグナル(発生におけるスクラップ・アンド・ビルド-自己と非自己の識別
  • 細胞膜複合糖質の形態形成における役割
  • 昆虫の発生におけるレクチンの役割
  • 形態形成シグナルとしての誘導因子)
  • 4 細胞個性の発現(組織細胞の分化の安定性と転換性
  • キメラによる神経系形成へのアプローチ
  • 細胞の個性を活かした口啌粘膜再建法とその臨床応用
  • ヒト遺伝病のマウスでの再現とその克服をめざして)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞社会とその形成 : 形態形成プログラム
著作者等 内藤記念財団シンポジウム
名取 俊二
江口 吾朗
鈴木 義昭
書名ヨミ サイボウ シャカイ ト ソノ ケイセイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.8
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 4130601253
NCID BN0377000X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89058148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想