日本人の国際性 : その構造分析

祖父江孝男 著

幕末・明治・大正・昭和時代。日本人は外国文化をいかに理解してきたか?日本人の国際性を、義理と人情、漱石型と鴎外型に分類して説く鋭い視点。県民性とは何か?県民性の意味と特色を解明するユニークな文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本人の国際性-その構造分析(日本人の国際性-その構造分析
  • 義理人情と日本人
  • 日本の大学-その日本的特色を考える)
  • 2 日本人と県民性
  • 3 地域史にみる日本人-歴史からの証言(牧畜のむら
  • 若衆宿のあったむら
  • 海女のむら)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の国際性 : その構造分析
著作者等 祖父江 孝男
書名ヨミ ニホンジン ノ コクサイセイ
シリーズ名 くもん選書
出版元 くもん
刊行年月 1989.5
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4875764731
NCID BN03759299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89040321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想