下村寅太郎著作集  7 (ライプニッツ研究)

下村 寅太郎【著】

わが国研究史の礎を築いた著者の処理作『ライプニッツ』(1938)から、「"モドロジー"と"場所の哲学"」(1988)まで。バロック期の<未完成>の大思想家への半世紀を超える研究を集成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ライプニッツ(遍歴
  • 計画
  • 反省
  • 建設
  • 体系
  • 普遍数学)
  • 2 「天才の世紀」の哲学と社会(スピノザとライプニッツ
  • ライプニッツのミニアチュア-ライプニッツの世界概念
  • 「モナドロジー」と「場所の哲学」-空間論を契機として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 下村寅太郎著作集
著作者等 下村 寅太郎
書名ヨミ シモムラ トラタロウ チョサクシュウ
書名別名 ライプニッツ研究
巻冊次 7 (ライプニッツ研究)
出版元 みすず書房
刊行年月 1989.8
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 462200917X
NCID BN03755764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89061402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想