ホンダ・ウェイ : 文化融合型の経営革新

シュック R.L.<Shook R.L.>【著】;崎谷 哲夫【訳】

ホンダは適正な価格で効率の高い製品をつくることに全力を傾ける。設計、エンジニアリング、製造のあらゆる分野で、ホンダは達成できたのがまずまずの効率くらいでは満足しない。ニューモデルはいつも"限界点"と思われるところまで開発されてきた。来る年も来る年も、前年の成果をさらに改良するために総力を傾注してきた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホンダ・ストーリー(本田技研工業-その草創期
  • ホンダ、アメリカに上陸
  • ホンダ-メンド・イン・USA)
  • 顧客対応型企業(アメリカでの販売組織
  • 優秀なサービスの提供)
  • クルマづくりは人づくり(個人の尊重
  • チームワーク・ファクター
  • プライドを植えつける
  • 全員をやる気にさせる
  • 双方通行のコミュニケーション-率直に話し、率直に聴く
  • 品質、効率、生産性
  • 長期的な関係
  • 長期的な思考
  • 静止することは後戻り)
  • 企業哲学(ホンダ・ウェイ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホンダ・ウェイ : 文化融合型の経営革新
著作者等 Shook, Robert L
崎谷 哲夫
シュック R.L.
書名ヨミ ホンダウエイ : ブンカユウゴウガタノケイエイカクシン
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1989.7.20
ページ数 265p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4478340188
NCID BN03754692
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想