自然科学概論

菅井準一 著

[目次]

  • 目次
  • I 歴史のなかの科学・技術
  • 1 古代の科学・技術 / p1
  • i) 古代社会の概観 / p1
  • ii) ギリシア人の自然観 / p3
  • iii) ローマ時代における技術の停滞 / p5
  • 2 中世の科学・技術 / p7
  • i) 中世社会の概観 / p7
  • ii) アラビア人の自然研究 / p10
  • iii) 中世封建社会の自然観と技術 / p10
  • 3 近代初期の科学・技術 / p12
  • i) 近代初期社会 / p12
  • ii) レオナルド・ダ・ヴィンチ / p14
  • iii) コペルニクスの地動説 / p16
  • iv) アグリコラと鉱山技術 / p17
  • 4 近代自然科学の成立 / p18
  • i) 17,18世紀の社会概観 / p18
  • ii) 近代自然科学の特色 / p19
  • iii) 自然認識の近代的方法 / p26
  • 5 産業革命期の科学・技術 / p32
  • i) 産業革命期社会の概観 / p32
  • ii) 道具から機械へ / p35
  • iii) 化学の近代化 / p38
  • iv) 自然認識の展開 / p41
  • 6 19世紀の科学・技術 / p45
  • i) 19世紀社会の概観 / p45
  • ii) エネルギー原理の成立 / p51
  • iii) 古典物理学の完成 / p55
  • iv) 生物進化論の提唱 / p57
  • 7 19世紀より20世紀初めまで / p59
  • II 現代科学・技術の諸課題
  • 1 新しい物質観 / p67
  • i) 物理学の革命 / p67
  • ii) 現代の物質観 / p78
  • 2 現代の生命観 / p87
  • i) 現代生物学の特徴 / p87
  • ii) 生命の本質にせまるもの / p95
  • 3 原子力現代社会 / p100
  • i) 原子力とその軍事的利用 / p100
  • (a) 原子と原子核 / p100
  • (b) 原子爆弾とその効果 / p103
  • (c) 水素爆弾 / p108
  • ii) 死の灰・放射能雨 / p110
  • (a) 放射線のはたらき / p110
  • (b) 人体と放射能 / p114
  • (c) 急性放射能症 / p118
  • (d) 雨と人工放射能 / p119
  • iii) 原子力の平和利用 / p121
  • (a) 原子炉 / p122
  • (b) 原子動力 / p126
  • (c) 放射性アイソトープ / p127
  • (d) 自然改造 / p130
  • 4 科学・技術と政治 / p132
  • i) 資本主義諸国の科学政策 / p132
  • ii) 社会主義諸国の科学政策 / p142
  • 5 現代科学者のヒューマニズム / p153
  • i) ポアンカレのヒューマニズム / p153
  • ii) アインシュタインにおけるヒューマニズムの展開 / p158
  • iii) 現代における科学的ヒューマニズムの組織化 / p164
  • iv) 科学者の社会的責任と"パグウオッシュ精神" / p169
  • 6 日本における科学・技術の過去と現在 / p173
  • i) 明治以前-近代科学以前 / p174
  • ii) 明治時代-移植から自立へ / p177
  • iii) 大正から昭和へ-いくつかの動き / p182
  • iv) わが国科学・技術の後進性 / p185
  • 付録 主要文献解題 / p190
  • 索引 / p207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自然科学概論
著作者等 菅井 準一
書名ヨミ シゼン カガク ガイロン
出版元 学術図書出版社
刊行年月 1959
版表示 改稿版
ページ数 215p 図版
大きさ 22cm
NCID BN0276158X
BN03749910
BN08829700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59003256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想