伊東静雄詩集

杉本秀太郎 編

「わが死せむ美しき日のために/連嶺の夢想よ。汝が白雪を/消さずあれ」。この鮮烈な詩句を含む『わがひとに与ふる哀歌』は、「意識の暗黒部との必死の格闘」によって生まれた。のち表現は透化して平明となり『反響』を生む。本書に収めた約100篇の詩によって、わが国近代詩人に類例をみない伊東静雄(1906‐53)の詩的展開がくっきりと跡づけられる。

「BOOKデータベース」より

「私はうたはない/短かかった輝かしい日のことを/寧ろ彼らが私のけふの日を歌ふ」。この鮮烈な詩句を含む詩集『わがひとに与ふる哀歌』は、「意識の暗黒部との必死の格闘」によって生まれた。のち「平明な思索」に移った晩年の詩までその大半を収める。ここに在来の抒情詩とは異質な伊藤静雄(1906‐53)の詩的展開がくっきりと跡づけられる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊東静雄詩集
著作者等 伊東 静雄
杉本 秀太郎
書名ヨミ イトウ シズオ シシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.8
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 4003112512
NCID BN03748496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89058493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想