仁学 : 清末の社会変革論

譚嗣同 著 ; 西順蔵, 坂元ひろ子 訳注

中国数千年の歴史の中に、人間と宇宙の根源、社会の束縛の由来をたずね、「以太」という概念を用いて、その束縛の突破を試みた壮大な思想書。清末の社会変革運動の担い手であった譚嗣同(1865‐1898)の主著で、政治問題をはじめ産業育成論、ユートピア論、女性解放論等多岐にわたる問題が論じられ、のちの五四運動に影響を与えた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仁学 : 清末の社会変革論
著作者等 坂元 ひろ子
西 順蔵
譚 嗣同
書名ヨミ ジンガク
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.8
ページ数 275p
大きさ 15cm
ISBN 4003323211
NCID BN03747890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想