高山右近

海老沢有道 著

貧しい人々の葬儀に自らその棺をかついだ大名。利休七哲の1人として、また茶人としても令名のあった大名。強要されても改宗を肯んぜず、封地を擲って殉教を望み、ついに家族もろとも国外に追放されたキリシタン大名の崇高にして聖なる生涯の伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生いたち(天文21年-元亀元年)
  • 2 荒木村重と右近(元亀2年-天正6年)
  • 3 信長と右近(天正6年-天正10年)
  • 4 秀吉と右近(天正10年-天正16年)
  • 5 前田利家と右近(天正16年-慶長4年)
  • 6 前田利長と右近(慶長4年-慶長19年)
  • 7 マニラ追放と死(慶長19年-元和元年)
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高山右近
著作者等 海老沢 有道
書名ヨミ タカヤマ ウコン
書名別名 Takayama ukon
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1989.9
版表示 〔新装版〕
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 4642051708
NCID BN0374648X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想