道徳情操論  上巻

アダム・スミス 著 ; 米林富男 訳

[目次]

  • 目次
  • 譯序 / p3
  • アダム・スミス略傳 / p19
  • 原著各版における改訂について / p23
  • 原著第六版序文 / p3
  • 第一部 行爲の道德的適正について
  • 第一篇 道德的適正感について / p3
  • 第一章 同情について / p3
  • 第二章 互いに同情し合うことによつて生ずる快感について / p14
  • 第三章 他人の性向がわれわれ自身の性向に一致するか、あるいは一致しないかによつて、その人の性向が道德的に適正であるか、あるいは適正でないかを判斷する方法について / p21
  • 第四章 同じ問題の續き / p28
  • 第五章 愛すべき美德ならびに尊敬すべき美德について / p37
  • 第二篇 道德的適正に矛眉しない諸種の情感の程度について / p43
  • 緖論 / p43
  • 第一章 身體に起源をもつ情感について / p45
  • 第二章 想像力の特殊の方向または習慣に起源をもつ情感について / p54
  • 第三章 非社會的情感について / p62
  • 第四章 社會的情感について / p73
  • 第五章 利己的情感について / p77
  • 第三篇 行爲の道德的適正に關する人々の判斷に及ぼす繁榮と逆境との影響について、一方の狀態にあるときの方が他の狀態にあるときよりも人々の是認をえやすいのは何故か、ということについて / p83
  • 第一章 一般に悲しみに對する同情の方が喜びに對する同情よりも一層活溌な感覺作用であるにもかかわらず、當事者が本來感ずるところの感覺作用の劇しさには通常はるかに及ばない、ということについて / p83
  • 第二章 野心の起源ならびに身分の區別について / p100
  • 第三章 このように富者や偉人を讃美し、貧困者や下賎の者を輕蔑したり、あるいは無視したりする性向のために起こる道德情操の頽廢について / p121
  • 第二部 功績と罪過とについて、あるいは褒賞と處罰との對象について
  • 第一篇 功績と罪過の感覺について / p137
  • 序論 / p137
  • 第一章 感謝の適切なる對象はすべて褒賞に價いし、報復感の適切なる對象はすべて處罰に價いするという考え方について / p139
  • 第二章 感謝と報復感の適切なる對象について / p143
  • 第三章 恩惠を施す人の行爲が一般に是認されないような場合には、かような恩惠を受ける人の抱く感謝の氣持ちに對してほとんど同情の念が起こらないということについて、またこれに反して危害を加えた人の動機が一般に否認されないような場合には、かような危害のために苦しむ人の報復感に對しても何らの同情の念を起こらないということについて / p148
  • 第四章 前述各章の總括 / p152
  • 第五章 功績の感覺ならびに罪過の感覺の分析 / p155
  • 第二篇 正義と仁惠について / p164
  • 第一章 この二つの美德の比較について / p164
  • 第二章 正義の感覺、悔恨の感覺ならびに功績の意識について / p173
  • 第三章 このような自然の攝理の効用について / p179
  • 第三篇 行爲の功績または罪過に關して人類の情操に及ぼす偶然の運の影響について / p194
  • 序論 / p194
  • 第一章 運がもたらすこのような影響の諸原因について / p197
  • 第二章 運の與えるこのような影響の範圍について / p206
  • 第三章 このような情操の不規則性の起こる究極の原因について / p222
  • 第三部 自分自身の情操と行爲に關するわれわれの判斷の基礎について、ならびに義務の感覺について
  • 第一章 自己是認と自己否認の原理について / p233
  • 第二章 稱讃または稱讃に價いすることを愛し、非難または非難に價いすることを恐れることについて / p248
  • 第三章 良心の作用と權威について / p285
  • 第四章 自己僞瞞の性質について、また一般原則の超源と利用について / p334
  • 第五章 道德の一般原則の作用と權感について、またそれらの原則が神の戒律と看做されることの正しさについて / p345
  • 第六章 いかなる場合に義務の感覽はわれわれの行爲の唯一の原理とならねばならぬか、またいかなる場合にそれは他の諸動機と一緖になつて作用しなければならぬか / p364

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 道徳情操論
著作者等 Smith, Adam
米林 富男
アダム・スミス
書名ヨミ ドウトク ジョウソウロン
書名別名 Dotoku josoron
巻冊次 上巻
出版元 日光書院
刊行年月 1948
ページ数 2冊
大きさ 22cm
NCID BN03739655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52011289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想