アメリカ新核戦略 : ポスト冷戦時代の核理論

モートン・H.ハルパリン 著 ; 岡崎維徳 訳

核・新戦略。トルーマンからレーガンまで、戦後19回にも及んだ核戦争の危機を告発・検証しつつ、地球滅亡マシーンと訣別するための新しい"核兵器の使い方"を打ち出す、元アメリカ国防次官補代理のドライでリアルな軍事理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アメリカ核政策小史
  • 神話としての核の威嚇
  • 核戦力の三つのモデル
  • 戦略核戦力
  • ヨーロッパの核戦略
  • ヨーロッパ域外での防衛義務
  • 軍備管理
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ新核戦略 : ポスト冷戦時代の核理論
著作者等 Halperin, Morton H
Halperin, Morton H.
岡崎 維徳
ハルパリン モートン・H.
書名ヨミ アメリカ シン カク センリャク
書名別名 Nuclear fallacy
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.8
ページ数 214, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4480855114
NCID BN03739112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想