生命の出現と分子選択

シドニー・フォックス 著 ; 松野孝一郎 訳

地球上で生命はどのようにして出現したのか?原始地球に似せた環境下で、原始細胞を生成する実験の成果を、40年におよぶ研究の経緯を振り返り、いくつもの逸話、記録、そしてユーモアを交え、ここに明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 質疑応答 その1
  • 未来への逆もどり
  • 科学の限界?
  • 始まり
  • 原始細胞、どのようなものか?
  • 原始細胞はどう振舞うか?
  • 実験台から現実の世界へ
  • 質疑応答 その2
  • さまざまな場所、さまざまな考え
  • 新しい進化パラダイム-分子選択、自然選択、決定論
  • 精神の物質基礎、驚くべき励起性
  • 質疑応答 その3

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の出現と分子選択
著作者等 Fox, Sidney W
松野 孝一郎
フォックス シドニー
書名ヨミ セイメイ ノ シュツゲン ト ブンシ センタク
書名別名 The emergence of life

Seimei no shutsugen to bunshi sentaku
出版元 東京図書
刊行年月 1989.7
ページ数 322p
大きさ 20cm
ISBN 4489002971
NCID BN03737478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89052466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想