高度分離技術の新しい展開

化学工学会【編】

[目次]

  • 第1章 物質分離場設計の基本概念
  • 第2章 タンパク質のクロマトグラフィー分離
  • 第3章 希土類元素の相互分離
  • 第4章 気相および液相物質の吸着分離
  • 第5章 気体吸着分離における高純度化技術
  • 第6章 大型液体クロマトグラフィーの最適化と経済性評価
  • 第7章 クロマト分離操作の連続化技術
  • 第8章 無機分離膜の開発とその応用
  • 第9章 液体分離用高分子膜の開発
  • 第10章 液体膜による分離技術の将来性
  • 第11章 膜分離法における使用技術
  • 第12章 気体分離における膜分離操作の経済性評価
  • 第13章 パーベーパレーション分離実用化の現状と経済性評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高度分離技術の新しい展開
著作者等 化学工学会
書名ヨミ コウドブンリギジユツノアタラシイテンカイ
シリーズ名 化学機械技術 41
出版元 さんえい出版
刊行年月 1989.5.20
ページ数 314p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 491559226X
NCID BN03733284
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想