王の墓づくりびと

モーリス・L.ビアブライヤー 著 ; 酒井伝六 訳

ツタンカーメン王と「王家の谷」その王墓を築いたのは、どんな人たちか。女たちの主な仕事、離婚の自由、遺産相続の権利、親不孝の子には残さぬ遺言書、エロチック・パピルス、猫などのペット、読み書きのできた人たちが読んだ文学作品。-など、など。デイル・エル・メディナの発掘により「奴隷」ではなかった古代エジプト人の日常生活、高度な生活技術を、豊富な図版で現代によみがえらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代エジプト人の生と死
  • 2 墓づくりの人々
  • 3 墓づくりの作業
  • 4 デイル・エル・メディナの古代人の生活
  • 5 神と王と神殿
  • 6 墓職人の争いと裁判
  • 7 よみがえるデイル・エル・メディナ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王の墓づくりびと
著作者等 Bierbrier, M. L
Bierbrier, M. L. ,1947
酒井 伝六
ビアブライヤー モリース・L.
書名ヨミ オウ ノ ハカズクリビト
書名別名 The tomb-builders of the pharaohs
出版元 学生社
刊行年月 1989.6
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4311201370
NCID BN03725435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89044909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想